「涼」という文字は象形文字で、「京」が高い丘にある建物を示し、「氵(さんずい)」がついて、「風通しが良く、水が冷たい」様子を表すと言われています。日本には、自然と共に暮らす文化があり、夏の季節には、窓を開け、縁側に風鈴をつけ、風の音を聴きながら涼むことがあります。私は、ここ数年、こんな場面に強く憧れてきました。

私は数年前からシンガポールに活動の拠点を移し、シンガポールと東京とを行き来する生活を続けています。亜熱帯の地であるシンガポールは、年中暑い印象がありますが、実際には冷房が強く効いており、室内では寒く感じることも多くあります。そんな暮らしが長く続くと、暑いから冷やすという一辺倒なやり方に、なんだか違和感が生まれてきました。日本でも夏の都会では同じような生活ですが、少し都会を離れれば、直接冷房で部屋を冷やすことよりも、風通しが良いほうが、心地良いと感じる人も多いのではないでしょうか。そのキーワードが「涼む」という言葉ではないかと思うのです。

風鈴以外にも「涼む」方法はあります。木陰や水辺に行くことはもちろんですが、美術館で透明感のある絵を眺めたり、軽やかな音を聴くことでも涼しげな気持ちちになることはできます。物理的な冷たさよりも、心に風が通ることを感じることのできる暮らしでありたい。そう願うことから、「KORAI」という旅は始まりました。

都会の暮らしの中では、人と人とが身を寄せ合いながら、狭い空間を分かち合わねばなりません。窓を閉めれば、静かな個別の空間は生まれるかもしれませんが、それが長く続いてしまえば、暮らしに変化はなくなり、窮屈な気持ちを生み出してしまうのかもしれません。「涼む」ということは、窓を開けることから始まります。外の空気を取り入れ、大きく息を吸い込むことが第一歩。自然の変化は、時として、心に穏やかな風を通してくれるのです。

文:柴田裕介、写真:須田卓馬